リブランディングを担当したOrbrayの特設サイトにて並木里也子社長と弊社代表タルマの対談記事が公開されました。

Read Time 1 min.

リブランディングを担当したOrbrayの特設サイトにて並木里也子社長と弊社代表タルマの対談記事が公開されました。

アダマンド並木精密宝石株式会社のリブランディングを弊社でお手伝いさせていただきまして、新ブランドの特設サイト内で並木里也子社長との対談記事が公開されました。

———

特設サイト
https://orbray.com

対談記事
https://orbray.com/columns/02_newbrand.html

———

この記事では、プロジェクトスタートから一年間どのような道を辿って完成にたどり着いたのかを振り返っています。今回は社名の変更から行うこともあり、国際的なメーカーということで、いろんな国での商標取得の壁や、他の国からの印象も含めて伝わりやすい文字列の検討、そしてもちろん言葉に意味を込めながら辿りつきました。ロゴの形状はこの企業の技術を象徴する「切る、削る、磨く」を表し、それを文字の形状によって表現しています。ロゴを作った後は、会社全体ビジネスツールのデザイン、商品写真の撮影、物流用のダンボールに至るまで隅々までブランドイメージを浸透させていきます。(2023年〜本格的に変更)いろんな難しい事情も多い中、我々社内のチームだけでなく、アダマンド並木精密宝石社のみなさんにも大変いろんな協力をしていただきながらここまで辿りつき、これからも引き続き頑張っていかねばなりません。事業的にはかなり専門的な分野ですが、我々の生活を支える確かな技術を持った、日本が世界に誇るものづくり企業なのだということを知れば知るほど実感させられます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。